5-デアザフラビン(TND1128)
未来を変える次世代型エイジングケア成分

若々しく、健康的な毎日を、未来へつなぐ

5-デアザフラビン(TND1128)は、東京医科大学名誉教授 工藤佳久先生と崇城大学特任教授 永松朝文先生によって長年研究された、画期的なエイジングケア成分です。従来のNMNやNAD+を凌駕する可能性を秘め、老化の根本原因にアプローチすることで、健康寿命の延伸に貢献する次世代型サプリメントとして注目を集めています。

特許関連情報はこちら ⇒ 細胞内でのatp産生を賦活するための補酵素因子の使用

5-デアザフラビンの安全性について

5-デアザフラビン (T MAC) 安全性試験の実施

5-デアザフラビン経口摂取において、体内動態試験、遺伝毒性試験の結果から、その高い安全性が確認

■ マウスを用いた単回経口投与毒性試験(ラット雌雄)
  1,000mg/kg 体重の投与にて異常なし (LDL0 1,000mg/kg)

■ ヒトでの長期(120日)摂取評価試験を実施
  生理作用(脳波、脳血流、脳内酸素飽和度、抹消血流量、視力、肌質)

■ 国立大学にて体内動態吸収・分布・排泄試験・遺伝毒性試験を実施
  体内動態試験の結果、5-デアザフラビンを経口投与1時間後、血液、肝臓、腎臓に分布、
  3時間で、血液、肝臓、腎臓、脳の分布量が最大となり、24時間後には、ほぼすべて排泄され、
  体内に残留することはない。
  遺伝毒性試験(復帰突然変異試験、小核試験)では全く毒性はないとの結論を得ている。

5-デアザフラビンの未来への希望

5-デアザフラビンは、老化のメカニズムを解明し、健康寿命を延ばすための次世代型エイジングケア成分として、大きな可能性を秘めています。今後さらなる研究開発により、老化や疾病克服への道筋を切り開くことが期待されています。